東南海地震対策ナビ - 災害予想から基本的な準備までTOP > 消防庁のマニュアルより > 対策について@

対策について@

 

消防庁では、いくつかの法律で人員整備や制度などに努めています。

 

それは、災害対策基本法であったり、大規模地震対策特別措置法であったりします。

東南海地震や南海地震にかかる地震防災対策の推進に関する特別措置法であったりもします。

 

また、日本海溝、千島海溝周辺海溝型地震にかかる、地震防災対策の推進に関する特別措置法、また地震防災対策特別措置法などに基づき、震災対策にかかる国と地方公共団体及び、地方公共団体相互間の連絡に努めています。

 

それから、地震防災強化計画、地域防災計画及び、地震防災応急計画の作成については、助言や防災訓練の実施など、防災知識の普及啓発や震災対策に関する調査研究などの施策を推進しています。

 

これについては、消防庁が推進しています。

 

今後起こりうる東南海地震などに、消防の制度や装備、施設など、充実な整備にも努めています。

 

この中でも特に、阪神淡路大震災の経験をいかし、また今後の震災対策の実施状況などを経験して、大規模災害時においての人命救助活動などを効率よく充実したものにするようにしています。

 

これは平成16年4月、法律に基づいて緊急消防援助隊を発足させています。

 

これにより、全国の消防本部では2821部隊が整備されました。

 

※3万5000人の隊員が登録しています。

 

災害時には、自衛隊の活躍もすばらしいものがあって、消防庁や地元の消防隊の活躍しています。

 

その活躍はとても大きいですね。

 

地震時の出火防止や初期消火の徹底、及び火災の拡大の防止にも、危険物の規制において適切な運用をしているそうですよ。

 

消防庁のマニュアルより記事一覧

対策について@

消防庁では、いくつかの法律で人員整備や制度などに努めています。それは、災害対策基本法であったり、大規模地震対策特別措置法であったりします。東南海地震や南海地震にかか...

対策についてA

前回に引き続き、消防庁における地震対策についてのご紹介です。消防ポンプ自動車や防火水槽などの整備によって、消防力や消防水利を充実させることにも努めているそうです。耐...

対策についてB

前回に引き続き、消防庁における地震対策についてのご紹介です。<30年以内にこれらの地震が起きる確率について>平成16年の時点で東南海地震は6割と言われています。...

対策についてC

前回に引き続き、消防庁における地震対策についてのご紹介です。著しく地震災害の恐れのある地域に対して、様々な検討が開始されているという事ですが、その結果によって平成15年12...

対策についてD

前回に引き続き、消防庁における地震対策についてのご紹介です。消防庁では、懸念される東南海地震、南海地震は、広域的な地震防災体制のあり方についての研究会を開催しました。 ...

対策についてE

前回に引き続き、消防庁における地震対策についてのご紹介です。いくつもの記事に分けて東南海地震への対策についてご紹介していますが、組織として、また行政としてどんな事をしたら良...

対策についてF

前回に引き続き、消防庁における地震対策についてのご紹介です。東南海地震など巨大地震は、津波からの避難勧告、指示、実施体制、伝達体制の整備が重要です。大きな地震で起こ...