東南海地震対策ナビ - 災害予想から基本的な準備までTOP > さまざまな装置 > 備える装置についてB

備える装置についてB

 

前回に引き続き、東南海地震に備える装置についてのご紹介です。

 

緊急地震速報についてですが、私達はこれを利用した場合どのように活用できるのでしょうか。

まず、何より大切なことがあります。

 

それは、自分の身の安全を確保することです。

 

装置に速報が受信されたら、アラームなどの警報がなるようになっています。

 

なので、その後すぐさま机の下に隠れるなどするようにして下さい。

 

隠れる場所がない時は頭を守るなどして、揺れがなくなるまで身の安全を確保して下さい。

 

地震速報が利用できない時は、何の予告もなく突然大きな揺れに襲われることになるので注意しましょう。

 

主振動が来るまではほんの数秒だと思います。

 

この数秒の差が大きいので覚えておきましょう。

 

特に心配されている東南海地震などが起きた時は、その規模がマグニチュード8になると言われています。

 

よって、地震速報を聞くようにしてすばやく行動しましょう。

 

それが生命の危機を救うことになります。

 

それから、地震速報についてですが、その後に発生してしまう火災を防止することも大切です。

 

これはかなり役立ちますよ。

 

地震が発生して二次災害として火災が起こるんです。

 

これは、誰もがご存知かと思います。

 

関東大震災はちょうどお昼時だったこともあり、火を使っている家庭が多かったようです。

 

その分、火災の発生率が高かったと言われています。

 

冬場では、ストーブを炊く事があったり、食事の支度で料理に火を使っている最中ということもあったりします。

 

そう考えると、もし東南海地震、関東大震災が起きた場合には、火災を引き起こす可能性が大きいということを知っておいて下さい。

 

まず、地震速報が来たら使っている火を消しましょう。

 

火を消して体を机の下に隠すように避難して下さい。

 

さまざまな装置記事一覧

備える装置について@

日本は地震大国として知られていますが、地震がとにかく多いですよね。日本に住む私達としては、小さな揺れには慣れてしまっているところもありますが、あなたの場合はいかがですか? ...

備える装置についてA

前回に引き続き、東南海地震に備える装置についてのご紹介です。現在では、地震発報システムと呼ばれる装置が色々と販売されています。大きな地震があった後なので、あなたの周...

備える装置についてB

前回に引き続き、東南海地震に備える装置についてのご紹介です。緊急地震速報についてですが、私達はこれを利用した場合どのように活用できるのでしょうか。まず、何より大切な...

備える装置についてC

前回に引き続き、東南海地震に備える装置についてのご紹介です。「グラっと来たら火を消す!」という、こんな言葉を昔から耳にする事がありますが、地震が起こる前に火を消すだけで火災...