東南海地震対策ナビ - 災害予想から基本的な準備までTOP > 過去の被害など > 発生確率の詳細A

発生確率の詳細A

 

前回に引き続き、地震発生確率についてのご紹介です。

 

いくら地震の発生確率が低かったとしても、巨大地震は突然に発生します。

そこをしっかりと知っておいて下さい。

 

特に、日本では世界の国に比べて巨大地震が襲う確率が高いと言われています。

 

なんと他国の10倍もあるそうです。

 

そんな国に住んでいるのだから、私たちは揺れに慣れてしまっているところもありますよね。

 

また、地震に対して「あぁ、またか」というくらいの気持ちしか沸いてこない時もあったりするので、十分に注意が必要です。

 

たとえ発生確率が低かったとしても、阪神淡路大震災や新潟中越沖地震の例があるので、一人一人が地震への意識を高めていく必要があると思います。

 

そして、準備をしておくことが大切ですね。

 

その準備として、緊急地震速報を利用すると良いですよ。

 

備えになると思うのでお勧めします。

 

宮城県沖地震は確率が高い場所になります。

 

2005年8月16日にマグニチュード7.2を記録しています。

 

このように、震度6弱の地震が起きました。

 

以前の確率でも、M7.5の地震が99%の確率で起こると言われたほどの場所です。

 

また、2003年に起きた十勝沖地震も60%の確率があった場所で、マグニチュード8.0の大地震が起きました。

 

それはすごい大きさですよね。

 

ちなみに、地震には周期がある事も分かっています。

 

それによると、東南海地震はもう起きてもおかしくないとも言われています。

 

怖いですね。

 

と言っても、東南海地震や東海地震などについては、発生確率を見て必要以上に怖がることもありませんよ。

 

ですが、一応準備や心構えはしておくようにしましょう。

 

その方が安心です。

 

被害が少しでも少なくなるようにしたいですね。

 

一人一人が準備や心構えが出来るよう心掛けておきましょう。

 

事例を見ても分かるように、パーセンテージが当てになる時とそうでない時とがあるので、その辺はどうしようもないと思います。

 

ただし、過去の事例またはデータから推測しただけのことなので、こうした確率の数字を見れば、これだけ地震発生率の多い国に住んでいることが分かると思います。

 

その辺をしっかりと自覚することが出来ますね。

 

過去の被害など記事一覧

被害情報について@

東南海地震の規模については、気象庁のデータによると「マグニチュード 7.9」だと推定されています。近年の研究から、また当時のデータから震源域は直線上に広範囲に及んだと言われ...

被害情報についてA

前回に引き続き、東南海地震の被害情報についてのご紹介です。この東南海地震は、その被害を他言することを禁止していました。それに反する事はスパイ行為に等しいとして、工場...

被害状況について@

1944年に東南海地震が発生しましたが、その人的被害は大きかったようです。そんなこともあって巨大地震と言われています。地震によって数多くの家屋の倒壊しました。 ...

被害状況についてA

前回に引き続き、過去の東南海地震の被害状況についてのご紹介です。こうして地震によって起こる津波は、一回ではないことがお分かりいただけたと思います。一度津波が来たから...

発生確率の詳細@

こちらでは地震の発生確率について更に詳しくご紹介していきます。一般的に言われている確率についてですが、交通事故で死亡してしまう確率としてはおよそ0.2パーセントだそうです。...

発生確率の詳細A

前回に引き続き、地震発生確率についてのご紹介です。いくら地震の発生確率が低かったとしても、巨大地震は突然に発生します。そこをしっかりと知っておいて下さい。特...