東南海地震対策ナビ - 災害予想から基本的な準備までTOP > 過去の被害など > 発生確率の詳細@

発生確率の詳細@

 

こちらでは地震の発生確率について更に詳しくご紹介していきます。

 

一般的に言われている確率についてですが、交通事故で死亡してしまう確率としてはおよそ0.2パーセントだそうです。

それから、交通事故で怪我をしてしまう確率については、およそ20パーセントと言われています。

 

火災で死亡してしまう確率については、およそ0.2パーセントとなっていて、火災で負傷してしまう確率については、およそ2パーセント以下だそうです。

 

さて、日本はどこにいても地震に遭う可能性あります。

 

地震の確率が高い国です。

 

あなたもご存知かと思いますが、日本は地震大国と呼ばれていますよね。

 

30年以内に震度5弱以上の揺れが起こるとも言われているくらい、それだけ地震が発生する確率が高いです。

 

それには、場所ごとに示した地図があって、それを見てみるとビックリするんですが、日本中のほとんどの場所が100パーセント地震に遭う確率となっています。

 

「えっ!!」って感じですよね。

 

これは、震度5以上の地震に遭う確率です。

 

日本のどこにいても襲われてしまうという意味になりますね。

 

巨大地震の確率で見ると、今後30年以内に巨大地震が起こる地域としては、次の地域が挙げられます。

 

・十勝
・根室沖地震
・宮城県沖地震
・東海地震
・東南海地震
・南海地震

 

これらの確率が26%〜100%となっています。

 

これは2007年くらいのデータになります。

 

2011年に起こった震災もこの確率が正しかったことになりますね。

 

<震度6以上の地震が発生するパーセンテージについて>
・東海地震………87%
・東南海地震……60%
・南海地震………50%
・首都直下型……70%
・宮城県沖………99%

 

<地震以外で自然災害、事故などその他の発生確率>
0.4%〜8%となっています。

 

※ただし、2004年の新潟中越地震は想定外の大地震だったようです。

 

過去の被害など記事一覧

被害情報について@

東南海地震の規模については、気象庁のデータによると「マグニチュード 7.9」だと推定されています。近年の研究から、また当時のデータから震源域は直線上に広範囲に及んだと言われ...

被害情報についてA

前回に引き続き、東南海地震の被害情報についてのご紹介です。この東南海地震は、その被害を他言することを禁止していました。それに反する事はスパイ行為に等しいとして、工場...

被害状況について@

1944年に東南海地震が発生しましたが、その人的被害は大きかったようです。そんなこともあって巨大地震と言われています。地震によって数多くの家屋の倒壊しました。 ...

被害状況についてA

前回に引き続き、過去の東南海地震の被害状況についてのご紹介です。こうして地震によって起こる津波は、一回ではないことがお分かりいただけたと思います。一度津波が来たから...

発生確率の詳細@

こちらでは地震の発生確率について更に詳しくご紹介していきます。一般的に言われている確率についてですが、交通事故で死亡してしまう確率としてはおよそ0.2パーセントだそうです。...

発生確率の詳細A

前回に引き続き、地震発生確率についてのご紹介です。いくら地震の発生確率が低かったとしても、巨大地震は突然に発生します。そこをしっかりと知っておいて下さい。特...