東南海地震対策ナビ - 災害予想から基本的な準備までTOP > 過去の被害など > 被害情報について@

被害情報について@

 

東南海地震の規模については、気象庁のデータによると「マグニチュード 7.9」だと推定されています。

 

近年の研究から、また当時のデータから震源域は直線上に広範囲に及んだと言われています。

過去に東南海地震が発生したのは、愛知県の三河湾南沖周辺から和歌山県の串本町・南東沖あたりにある「南海トラフ」と平行した線の上にある地域と見られています。

 

1940年代半ばあたりからは、このような大規模地震が次々と発生しています。

 

その2年後となる1946年12月21日に「昭和南海地震」が発生しました。

 

当時日本は「大東亜戦争」の最中でしたが、軍需工場に地震被害が及んだそうです。

 

そして、日本にとっては不利な情報が敵国に漏れることを恐れて、このとき軍部は情報を統制していたようです。

 

また、8日が真珠湾攻撃3周年でもあったことから、戦意高揚になる報道以外は一層統制されていたようですね。

 

当時の新聞にしても、地震情報は1面にはならなかったそうです。

 

※最下の方に数行程度しか掲載されていなかったようです。

 

内容も被害は大したことがないとのこと。

 

さらには、すぐに復旧可能などの旨が掲載されていました。

 

しかし、地震がもたらした実際の報道や被害は大きく違っていたようです。

 

今だったら信じられない事ですね。

 

その上、実際に地震で被害を受けた国民も、被害のことは話さないようにと命令が出ていたそうで、かなり徹底した事が分かります。

 

戦時統制に基づいて、それぞれの住民に行政側から通達を行ったようです。

 

その中の実例として、学徒動員され半田市の飛行機の工場で働く少女がいましたが、この人達は友人が崩れた屋根の下敷きになって死んでしまったそうです。

 

それにも関わらず、被害状況を決して他言しなかったそうです。

 

そのように命令されていたからなんですね。

 

過去の被害など記事一覧

被害情報について@

東南海地震の規模については、気象庁のデータによると「マグニチュード 7.9」だと推定されています。近年の研究から、また当時のデータから震源域は直線上に広範囲に及んだと言われ...

被害情報についてA

前回に引き続き、東南海地震の被害情報についてのご紹介です。この東南海地震は、その被害を他言することを禁止していました。それに反する事はスパイ行為に等しいとして、工場...

被害状況について@

1944年に東南海地震が発生しましたが、その人的被害は大きかったようです。そんなこともあって巨大地震と言われています。地震によって数多くの家屋の倒壊しました。 ...

被害状況についてA

前回に引き続き、過去の東南海地震の被害状況についてのご紹介です。こうして地震によって起こる津波は、一回ではないことがお分かりいただけたと思います。一度津波が来たから...

発生確率の詳細@

こちらでは地震の発生確率について更に詳しくご紹介していきます。一般的に言われている確率についてですが、交通事故で死亡してしまう確率としてはおよそ0.2パーセントだそうです。...

発生確率の詳細A

前回に引き続き、地震発生確率についてのご紹介です。いくら地震の発生確率が低かったとしても、巨大地震は突然に発生します。そこをしっかりと知っておいて下さい。特...