東南海地震対策ナビ - 災害予想から基本的な準備までTOP > 基礎知識 > トラフの調査結果@

トラフの調査結果@

 

東南海地震は、なんと100年〜150年ほどの周期で発生しています。

 

怖いですね。

この地震については、地球深部探査船「ちきゅう」に乗船した研究者たちの発表があり、それには興味深いものがありました。

 

まず2008年に、彼らは世界でも数多く地震が発生する地域で、その地震活動を理解する為にデータ収集を行っています。

 

それが、初の深海掘削の研究航海だったとも言われています。

 

それは、「ライザー掘削」と言われ、特殊な技術を使っています。

 

日本の南東のおよそ58キロメートルに位置する地震発生帯を調べたそうです。

 

それこそが「南海トラフ」になります。

 

海底から南海トラフの上部まで1.6キロメートルを貫通させ、そうしてデータ収集をしたそうです。

 

「ちきゅう」は、米国と日本が主導した船です。

 

この船は、24カ国が参加している統合国際深海掘削計画において活躍しています。

 

計画においては、中心的に活躍している科学掘削船という事になります。

 

水深が2500メートルもある深海域であっても、地底下5000メートルを掘削する力があると言うから凄いことですね。

 

そして、マントル物質などを採取してデータを取ることもできそうです。

 

<船の建造、運用について>
独立行政法人海洋研究開発機構の中の、地球深部探査センターで行われています。

 

そもそもあなたは「南海トラフ」をご存知ですか?

 

今は地震の事が話題になっているので、こうした事を耳にする機会が多くなっていると思います。

 

※トラフとは海底に存在する溝のこと。

 

※南海トラフとは、東南海地震の原因と考えられている、四国南から駿河湾内まで繋がっている深い溝のことを言います。

 

基礎知識記事一覧

東南海地震の詳細@

こちらでは、東南海地震について詳しくご紹介していきます。最大震度は、御前崎、津周辺で震度6の強さだったそうです。この地震で発生した津波もあったとのことで、津波の高さ...

東南海地震の詳細A

前回に引き続き、東南海地震についてのご紹介です。とある観測所では、地震の強さが通常の観測範囲を超えていたという話をしましたが、震度計の針が振り切れた観測所もあったようですね...

トラフの調査結果@

東南海地震は、なんと100年〜150年ほどの周期で発生しています。怖いですね。この地震については、地球深部探査船「ちきゅう」に乗船した研究者たちの発表があり、それに...

トラフの調査結果A

前回に引き続き続き、水深4000メートル級のかなり深いところにあるトラフの調査結果についてのご紹介です。2009年に地球深部探査船「ちきゅう」は、和歌山県新宮市の南東沖で採...

トラフの調査結果B

日本では、1945年前後から4年連続して1000名を超える死者が出るほどの4大地震が起こっています。さすがは地震大国といったところです。まず、1943年の鳥取地震に...

トラフの調査結果C

この船は、地球深部探査船「ちきゅう」による東南海地震の発生地域における掘削、または試料採取活動になりますが、2007年の9月に開始されてから2009年の8月1日に完了しています。 ...